コワーケーションドットコム

JATA菊間会長、14年は飛躍へ、土台できた-燃油など取組継続も

日本旅行業協会(JATA)会長の菊間潤吾氏は1月8日、年初の記者会見に臨み、2013年は「将来の飛躍に向けた基盤整備の年」であったとし、2014年はこの成果を活用して成長をめざす1年にしたい考えを示した。2013年の振り返りとして菊間氏は、海外旅行は中国や韓国への需要が減少した一方で中長距離のデスティネーションが好調に推移し、訪日旅行関連でもオリンピックとパラリンピックの開催決定、富士山と和食の世界遺産登録、訪日外客数1000万人の達成など「明るい光が差し込んだ」と言及。こうした中でJATAでは、「...