今週は八ヶ岳Week!インタビュー記事を毎日配信!

着地型旅行の要件緩和へ-約款はあり方自体の見直しを

  • 2013年12月19日

観光庁は12月18日、第5回旅行産業研究会を開催した。観光庁観光産業課長の石原大氏によると、今回は着地型旅行の普及に関する議論を主に実施。また、当初議題としていた標準旅行業約款については、今回は制度の現状や課題を事務局から説明し、情報共有をはかるにとどまった。2014年初旬に開催する第6回研究会で本格的に議論を進めていく予定だ。観光庁の2011年度の調査によると、着地型旅行の市場規模は約331億円。観光庁では地域活性化の観点から市場拡大をはかりたい考えで、各地域からも取り組みを活性化したいというニー...