ビズリーチ

業法など見直し着手-観光庁、旅行産業研究会を初開催

  • 2013年9月30日

観光庁は9月30日、第1回旅行産業研究会を開催した。これは、今年4月にとりまとめられた「観光産業政策検討会提言」に基づき開催したもので、今後の旅行産業のあり方、現行諸制度の見直しの方向性、旅行業の組織的な安全マネジメントの構築などについて検討をおこなうというもの。座長は一橋大学大学院商学研究科教授の山内弘隆氏がつとめる。第1回会議の冒頭、挨拶に立った観光産業課長の石原大氏は、提言を「観光産業に関する危機感から取りまとめた」と説明。研究会で幅広く議論することで「10年先を見据えた処方箋を考えていければ...