TASAキャンペーン

【弁護士に聞く】改正個人情報保護法への観光業界としての備え

改正個人情報保護法が4月1日に施行されます。改正のポイントは、①保有個人データの利用停止・消去請求の権利の拡大、②漏洩時等の委員会報告と本人通知の義務化等事業者の責務の拡大、③外国の事業者への提供の規制強化、④罰則の重罰化、⑤個人関連情報の提供規制の新設、⑥仮名加工情報の新設等です。このうち、観光関連業者が通常業務の上で知っておくべきことは①~④なので、以下ポイントごとに解説します。なお、今回の改正は、2015年の改正の際の「3年ごとの見直し規定」に基づく最初の改正です。恐らくは、個人情報の利活用の...