「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

【海南現地レポート】アウトバウンドの停滞で人気が爆発した中国内のリゾート

  • 2021年8月4日

 コロナの影響を受けて、多くの中国人のアウトバウンド観光客が国内観光に注意を向けました。さらに免税政策に触発され、海南省はショッピングとレジャー観光名所になりつつあり、今年の夏の旅行で最も人気のある目的地の1つになりました。中でも三亜は海南観光で最も人気のある場所です。
※この記事は7月24日の情報を基に執筆しています。
※前回の中国現地レポートはこちら

海南三亜の亜龍湾ビーチ

海南はどんな場所?

 海南は日本とシンガポールの真ん中に位置しています。太平洋とインド洋の間の重要な海上輸送経路であり、独特の地理的利点があります。海南省は中国で最小の省であり、土地面積はわずか35,000平方キロメートルです。海南は面積が小さいため、以前は広東省の一部として管理されていましたが、1988年に海南省が設立されました。それ以来、海南省は広東省から分離し、中国で一番新しい省になりました。

 海南島は中国で唯一の熱帯の島であり、太陽の光、海水、ビーチ、植物など、あらゆる観光要素があり、熱帯の島々の自然の風景に恵まれています。青い空、白い雲、ビーチ、海岸が海南を多くの人々が楽しみにしている場所にしています。秋から冬にかけて、海南島には多くの観光客が訪れます。人々は、スピードボート体験や、熱帯雨林の自然体験を楽しんでいます。海南省の観光産業も時代の発展とともに変化し、過去の観光名所から休暇やレジャーの観光地へと変化し、国際観光市場への影響力が高まっています。

三亜市のナイトマーケット

海南への旅行人気爆発の理由

 1つは「安全」です。海南省は、中国の中でもコロナ予防や管理が最も厳しい観光地の1つです。長期間にわたってコロナ感染者数ゼロを維持しています。このことは、海南の航空往復ルートの早期再開に影響を与えました。

 2つ目は、アウトバウンド観光客がリゾートを求めて目的地を国内観光にシフトしたことです。コロナの影響で、海外旅行は完全に停止され、国内観光のニーズが高まりました。中国で最も豊富なアイランドリゾート資源が発達した場所として、海南は旅行先の最初の選択肢となります。

 中国の中高級消費者層は休暇先を三亜に移し、昨年下半期には三亜の高級ホテルがブームとなりました。小さな個人経営のホテルでさえ満員となりましたが、2021年第1四半期の観光客の内46%が高級ホテルを選びました。また、家族旅行者が大幅に増加しているため、交通、ランドリーが充実していたり、キッチンが付いていて料理がしやすい、海が見える民宿や別荘もたくさん予約されています。一部の民宿の予約は10月末まで埋まってしまっているそうです。

亜龍湾ビーチリゾート

次ページ >>>ショッピングで観光発展