ビズリーチ
マリオット

AA、ハワイアンの羽田線「バックアップ権」要求に反対せず

  • 2015年11月2日

 アメリカン航空(AA)はこのほど、ハワイアン航空(HA)が米国運輸省(DOT)に提出したAAの羽田/ロサンゼルス線に関する申請書に対して、DOTに意見書を提出した。同路線は、DLが2013年から羽田/シアトル線として使用していた発着枠を利用するもの。DLが路線維持の条件の厳しさを理由に今年9月末で発着枠を返上したため、10月以降は60日以内の運航開始を条件にAAへ配分することが決定していた。

 しかし、AAが代替路線として発表していた羽田/ロサンゼルス線について、未だに運航スケジュールを申請していないことなどから、DLは10月初旬に「AAには就航の意志がない」と主張し、発着枠の没収を要請。それに対し、AAは「あらゆる手をつくしているものの、採算の合う時間帯の発着枠が国土交通省航空局(JCAB)から取得できない」とし、運航開始日の延期を要望する文書を提出した。

 これに対して、HAは就航延期を「反対はしない」ものの、「採算の合う時間帯が何を意味するかを示すこと」と「採算の合う時間帯の発着枠を獲得してから60日以内に運航を開始すること」を条件に課すべきと主張。加えて、現在米国航空会社が保持しているすべての羽田発着枠について、発着枠を保持する航空会社が何らかの理由で運航できなくなった場合に備え、HAを「バックアップキャリア」として選定することを要求していた。

 今回の文書でAAは、採算の合う時間帯が何を意味するかということに対して、「現在、羽田/米国線を運航するユナイテッド航空(UA)やDLと同様の時間帯のこと」と説明。「有利な時間帯を求めているわけではなく、他の航空会社と同じように接続性のある、合理的な時間帯を求めているだけで、それ以上でもそれ以下でもない」と主張した。

 また、HAが提案した採算の合う時間帯の発着枠を獲得してから60日以内に就航するという条件に対しては「何度も述べているように、AAはできる限り早く羽田/ロサンゼルス線の運航を開始したい」と強調。そのため、もしUAやDLと同様の時間帯(採算の合う時間帯)の発着枠が取得できれば、60日以内に運航を開始するとし、「HAの提案には反対しない」とした。

 このほかAAは、「今回の再配分における一連のやり取りで、羽田枠は無駄遣いをするべきでない公有資産と述べてきた」と言及。そのことから、採算の合う時間帯の発着枠を取得して60日以内にAAが羽田/ロサンゼルス線の運航を開始することができなかった場合に備えて、HAを「バックアップキャリア」に選定するという要請についても「反対しない」とした。

関連ニュース