ビズリーチ

宿泊施設の「先進的な感染症対策」を支援、観光庁が公募を開始

観光庁は10月9日から「宿泊施設アドバイザー派遣事業」の第2期公募を開始した。ウィズコロナ時代の宿泊施設の新たな取り組みを支援するもので、今年6月の第1期公募では多数の応募から30の事業を採択している。第2期の今回は「先進的な感染症対策」と、「地域と連携したビジネスモデル構築」に特化し、宿泊施設および宿泊施設を含む地域連携を募集する。客室でチェックアウトも このうち先進的感染症対策では宿泊施設の非接触型ビジネスモデルなどの構築をサポートする。また、地域との連携ではバスなど輸送機関との連携や、ア...