「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

東武トップツアーズ代表取締役社長執行役員 百木田康二氏

  • 2022年1月5日

 東武トップツアーズは設立以来、「ありがとうの連鎖」を企業理念として掲げてきました。旅行業は多くの人々と生活に繋がっている、裾野の広い産業です。これまであたりまえとなっていた人的交流による価値がコロナ禍で変化したことによって、改めてその裾野の広さを実感するとともに、旅行業が社会にとって必要なのかという究極の質問に直面しました。

 そうした中で昨年は、「社会に必要な企業である」と感じていただけるよう、全国の従業員が地域の皆さまと共に、地域のために何ができるかを考え、「日本を元気に!」をスローガンに行動した1年でした。特にソーシャルイノベーション推進部を立ち上げて取り組んだ新規事業では、自治体等の各種感染防止対策事業や認証事業などで成果を上げることができ、既存事業でも教育旅行における探究学習プログラムの開発をはじめ、持続的成長を目指し取り組みました。

 今年も、旅行業とソーシャルイノベーション事業で構築したステークホルダーの皆さまとの関係を生かし、急速に進んだデジタルシフトにも対応しつつ、地域の活性化による日本経済の発展と社会課題の解決を両立する持続可能な社会の創造に向けた取り組みを続けてまいります。また、常に変化の激しい事業環境の中で持続的に成長し続けていくためには、社員や組織の高度な自律性と成長が不可欠だと考えます。

 東武トップツアーズは、「人が主人公、財産」という信条をもち、人財を最も大切なリソースと捉え、その育成・強化を経営の根幹に置いております。多様な人財の採用やリモートワークなど時代に即応した柔軟な働き方に対応できるよう、働き方改革の推進にも引き続き取り組んでいきます。さらに、MICEやスポーツといったコロナ前に注力していた事業をあらためて推進し、既存事業・成長事業・新規事業のそれぞれで必要とされるよう、東武トップツアーズに関わるすべての人々を幸せにする"グッドカンパニー"を目指してまいります。