観光産業テレワークに関するアンケート

【大連現地レポート】日本企業も多く進出する街の現況

豊富な交通網
日本企業の動向

 前回の中国レポート(上海)に続き、今回は大連の情報をお届けします。

 大連は中国が日本の投資を誘致するための重要な都市であり、歴史的にも経済的にも日本と多くのつながりを持っています。中国内で日本に最も近い都市であり、東京から飛行機でわずか2時間です。大連には現在1,500社もの日本企業があり、日本人も多く在籍しています。また、大連は中国で有名な夏のリゾート地として観光のホットスポットであり、年間平均気温は10℃です。中国の近代的な文化および、歴史的な観光資源が豊富にあるだけでなく、美しい景色を望む多くの自然観光資源もあります。近年、大連の観光関連のインフラやアミューズメントプロジェクトは継続的にアップグレードされ、市民や観光客に優れた場所を提供しています。

大連の夜景

大連ってどんな街?

 大連は東が黄海、西が渤海に面しており、遼東半島の最南端に位置し、港が繁栄する都市です。大連港は自然の非凍結港であり、北東部の3つの州と内モンゴル東部への玄関口です。

 また、中国の南北の水と陸の輸送ハブと国際貿易港でもあり、重要な戦略的位置を持っているだけでなく、美しい景色もあります。2019年の時点で、大連の総面積は12573平方キロメートルで、登録人口は598万人です。

 大連の都市デザインはユニークで美しいです。有名な中山広場、ヨウハオ広場、新海広場、人民広場、オリンピック広場など、豊かでカラフルな文化のある80以上の広場があります。普段、通りをパトロールしている女性警察ライダーも大連の風景になっています。大連の緑地は市の面積の40%以上に達しており、中国で最も緑化度の高い都市の1つです。市内はロシア風の区画もあり、通りの両側には19世紀と20世紀のロシア風の建物がほとんどです。

ロシア風ストリート
労働公園の雪

大連の交通

 大連には、鉄道、高速道路、航空、海運、バス、路面電車、トロリーバス、BRT、高速鉄道、タクシーなど、豊富な交通手段があります。大連港は中国東北部で唯一のクルーズ船の母港で、大連での中国クルーズ観光開発実験区の建設の開始により、クルーズ観光は急速に発展しました。現在、15万トンの容量を持つ2つのターミナルがあり、15万トンの埠頭が2隻使用されています。2019年には大連の母港を出港するクルーズ船の数は26隻に達しました。

 大連は、北京、上海に次ぐ、日本との航空サービスを提供する中国で3番目の都市ですが、ルート数は増加と減少を繰り返しており、過去2年間で大連は7から10に急速に増加しました。現在の主要空港は北西に位置し、市内中心部から10km離れた、タクシーで10分の距離にある周水子空港です。ただ、ここ数年旅客数の急増により、周水子国際空港は過負荷状態になっています。民航局は、大連の新しい空港―金州湾空港の建設を承認しました。金州湾空港は中国本土で最初の海上空港であり、完成後は世界最大の海上空港になります。大阪関西国際空港、英国のロンドン浮体空港、米国ニューヨーク州のラガーディアの技術から教訓を得て、完成後、世界最大の民間航空旅客機であるエアバスA380がスムーズに離着陸できます。新空港は高速道路の隣にあり、大連北駅とバス停から車でわずか15分です。

金州湾空港

関連ニュース