TASAキャンペーン

東北DC、延べ宿泊者数は1361万人泊、目標の19年比59%に 経済波及効果は約185億円

JRグループと東北6県らが共同で2021年4―9月に展開した東北デスティネーションキャンペーン(DC)の実績が1月26日、発表された。延べ宿泊者数は1361万人泊で、目標だった19年実績の59%にとどまった。コロナ禍の影響を受けたもの。経済波及効果は約185億円と算出された。東北DCは「巡るたび、出会う旅。東北」「VISIT TOHOKU, FIND JAPAN.」をキャッチコピーに、東北6県を舞台に展開。コロナ禍の影響で多くのイベントなどが中止となりながらも多彩な企画、PRが実施された。各企画の実...