観光産業テレワークに関するアンケート

日本添乗サービス協会が「インバウンド検定」創設 12月18日に東京・大阪で第1回試験

日本添乗サービス協会(TCSA、三橋滋子会長)は、訪日外国人旅行者に対応するスタッフの知識・技能を評価する「TCSAインバウンド検定」を創設、12月18日に1回目の試験を東京・大阪で開催する。当初は6月開催を予定したが、新型コロナウイルス感染拡大を受け延期していた。同検定は、現在はコロナ禍でストップしているが、先々も見込まれる訪日外国人客の増加に向け、人的サービス面の整備を目的に創設。検定制度を設けることで、インバウンドの安全、快適な旅をサポートする能力・知識を持つ人材育成につなげる。検定は初級・中...