観光産業テレワークに関するアンケート

ハワイ、7月の渡航者数はコロナ前の9割まで回復 本土からの渡航者が牽引

ハワイ州産業経済開発観光局(DBEDT)とハワイ・ツーリズム・オーソリティは7月のハワイへの渡航者数が2019年比で11・6%減の87万9551人だったと発表した。コロナ前の9割まで回復している。2020年7月の渡航者数2万2562人からは38倍と劇的な回復ぶり。アメリカ本土からの渡航者数が2019年比で20・6%増とコロナ前を大幅に上回るなど「国内観光目的地」としてハワイの観光再開を牽引している。一方、依然として外国からの渡航者は少なく、7月は日本からハワイへの渡航者は2817人(2019年比97...