「ベンダーさん」を今すぐフォローしよう!

JALグ、19年度1Qは国内線好調で売上高4%増、利益は減

JALグループは7月31日、2020年3月期第1四半期(19年4月1日~6月30日)の連結業績を発表した。売上高は前年比4.0%増の3557億4300万円、営業利益は15.6%減の210億4800万円、経常利益は7.9%減の212億7400万円、純利益は32.1%減の119億900万円。旅客事業は国内線を中心に好調で増収となったものの、20年の首都圏空港発着枠拡大を見据えた先行投資などにより、各利益は減少した。営業費用は5.5%増の約3346億円、営業利益率は1.4ポイント減の5.9%だった。なお、...