観光産業テレワークに関するアンケート

JALグ、17年度1Qは全利益2桁増-通期予想を上方修正

JALグループは7月31日、2018年3月期第1四半期(2017年4月1日~6月30日)の通期連結業績を発表した。売上高は前年比5.9%増の3148億1500万円、営業利益は12.0%増の247億4700万円、経常利益は24.6%増の245億5300万円、純利益は32.9%増の195億6300万円。国際線の日本発ビジネス需要増などによる単価上昇や、国内線のロードファクター上昇などにより、各利益が2桁増となった。営業費用は整備費の増加や、11月の「アマデウス アルテア」への予約システム刷新のための人件...