ビズリーチ

OTOA、安全対策で評価向上めざす、登録制に賛成

日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)はこのほど、第25回通常総会を開催した。冒頭で挨拶したOTOA会長の大畑貴彦氏は、「1月に軽井沢でバス事故が発生して以降、一部のランドオペレーターのために、すべてのオペレーターの印象が悪くなっている」と述べ、業界内におけるランドオペレーターの評価の低下を危惧。「OTOAとして初心に戻り、安心と安全をきちんと守っていく必要がある」と会員に呼びかけた。総会後の記者会見では「海外旅行の現地手配の大部分はランドオペレーターが担っているのに、業界内ですらそのことが十分...