TIFS

主要49社、8月の海外は13.6%減、6社が前年超え

  • 2015年10月18日

観光庁が取りまとめた2015年8月の主要旅行会社49社(※)の旅行取扱概況で、海外旅行の取扱額は前年比13.6%減の2189億1747万円となった。観光庁では、円安などによる海外旅行需要の低迷に加え、夏休みシーズンではあったものの、5連休となった9月のシルバーウィークに旅行需要が移ったことが要因との見通しを示している。募集型企画旅行は取扱額が19.3%減の799億6320万円、取扱人数が20.8%減の32万7136人となり、単価は1.9%増の24万4434円と増加した。企業別で見ると、取扱額が最も高...