キャリチャ

アエロフロート、セミナーで最新サービスなど訴求、イメージ向上に向け

  • 2014年9月18日

アエロフロート・ロシア航空(SU)は9月18日、ロシア大使館内で旅行会社向けセミナーを開催し、使用機材やサービスなどの最新情報について説明した。セミナーは年1回程度開催しているもの。日本地区営業部長の大城成二氏は、「年配の方々では未だにロシア製の古い機材のイメージを持たれている方も多いが、現在(の成田/モスクワ線)はエアバスA330型機を使用している」と強調し、イメージの向上とSUの活用に向け、各社に協力を求めた。SUが4月末時点で保有している旅客機148機は、短・中距離路線で使用しているスホーイ社...