marriott

【2022年開業ホテル】地元福岡を意識したデザイン、ホテルよりもっと身近な存在をめざす「クロスライフ博多柳橋」

  • 2022年11月8日

 ORIX HOTELS & RESORTS(オリックス ホテルズ&リゾーツ)が、2022年10月1日、初のカジュアル・ライフスタイルブランド「CROSS Life(クロスライフ)」を「クロスライフ博多柳橋」「クロスライフ博多天神」と2軒同時に開業。全242室の「クロスライフ博多柳橋」は、博多の台所である柳橋連合市場に隣接し、風情ある街並みの中に若手アーティストのギャラリーなど新しい文化が芽吹く地域にある。

 入り口の舟アート、伝統の小石原焼を用いた各階表示など、ブランドコンセプトの1つである地域と人との繋がりを表現している。1階のカフェ、2階のレストランとも朝11時以降は360°Hubをコンセプトとしたコミュニティプレイスになる。自由なライフスタイルで自分らしくいられる居場所を提供するというブランドコンセプトらしいホテルだ。

※写真をクリックすると詳細キャプションが表示されます。
取材:小野アムスデン道子

  • ファザード(建物外観)は、国の伝統工芸品に指定されている絹織物である博多織をモチーフにしている

    外観

  • ホテルのある春吉地区の歴史と隣接の柳橋連合市場の繋がりをモチーフにした福岡県在住の彫刻家である稲葉彬子氏の舟アート

    ロビー

  • クロスライフの象徴であり、地域の最新情報が発信されて、地域と繋がるコミュニケーションツールでもあるコネクトボード

    ロビー

  • フロント上部のスクリーンに流れる映像は、ミュージシャン・映像ディレクターであるVIDEOTAPEMUSICのディレクションで作られたオリジナル作品

    フロント

  • 福岡・九州地域の才能を掘り起こすために、ロビー/フロントエリアで地元アーティストの作品展示をおこなう。これは西岡木偶氏の「液体宇宙」

    フロント

  • 各階の階数表示は、福岡の伝統的な焼き物である小石原焼のオリジナル作品

    階数表示

  • 2シングル+1クイーンのコネクトは39.5平米。多人数の友達同士や家族で泊まるのに便利

    客室(2シングル+1クイーンのコネクト)

  • 2シングル+1クイーンのコネクトの2シングルの客室。窓際にはソファとテーブルもあって便利

    客室(2シングル+1クイーンのコネクト)

  • 2シングル+1クイーンのコネクトの1クイーンの客室。チェアとテーブルがこちらにも。客室タイプは全部で11タイプとバリエーションが豊富

    客室(2シングル+1クイーンのコネクト)

  • 2シングル+1クイーンのコネクトの部屋にはゆったりしたバスタブも。バスタブつきは全部で40室。他は、ハンドシャワー&レインシャワーになる

    客室(2シングル+1クイーンのコネクト)

  • 2段ベッドの入るユニークな客室はベッドサイズの違いで3タイプ。写真は2段ベッドクイーンで18.69平米。天井高があるのでゆとりを感じる

    客室(2段ベッドクイーン)

  • 2階のベッドクイーンのシャワールーム。壁際にカーテン仕切りのクローゼットスペースや洗面台を持ってきて、トイレは独立

    客室(2段ベッドクイーン)

  • コンフォートツインは18.07平米。 ツインベッドと窓際にソファベッドのあるタイプ。このタイプの客室数が一番多い

    客室(コンフォートツイン)

  • 壁際のソファベッドをベッドメイクした状態では、このように3人宿泊が可能

    客室(コンフォートツイン)

  • コンフォートクイーンは18.07平米。独立したチェアとテーブルが食事をしたり、仕事をしたり、何かと便利

    客室(コンフォートクイーン)

  • 朝食会場の2階のレストランは、11時以降、360°Hubをコンセプトに宿泊者以外も1階のカフェでドリンクを購入すれば使えるコミュニティプレイスに

    レストラン

  • ミーティングがしやすそうなコアなスペースやカウンターなど席のバリエーションもいろいろ。WiFiや電源も完備している

    レストラン

  • レストランの朝食は和洋の料理が並ぶが、ここは和食が充実している。タルタルソースを添えた鶏南蛮やさつま汁など九州の郷土料理も

    レストラン

  • 朝食には、自分で具材をアレンジできるあごだしのうどんに、揚げたての天ぷらもあって、1,650円(税別)

    レストラン

  • 2つのクロスライフ総支配人を兼ねる高橋信晴氏は「23年3月には地下鉄七隈線が天神南から博多まで延伸し、両ホテルとも利便性が高まります。アートに食にそれぞれに特徴やテイストは異なりますが、街が楽しめるホテルだと思います」と語る

    総支配人