DXに関するアンケート

【張家界現地レポート】国内有数の景勝地、観光回復が進んでいる理由とは

 張家界は世界でも珍しい地形で、世界自然遺産に登録された様々な美しい景勝地があります。しかし、1990年以前は、中国で最も貧しい場所の1つでした。地理的要因の影響を受けて、ここで産業を発展させることはほとんど不可能とされていましたが、わずか30年程で有名な観光地へと発展しました。
※この記事は11月2日の情報を基に執筆しています。
※前回の中国現地レポートはこちら

袁家界の少数民族村

張家界ってどんな街?

 張家界市は湖南省の北西部、武陵山脈の後背地に位置しています。1988年5月に設立され、以前はダヨン市として知られていましたが、1994年4月に名前が変更されました。総面積は9500平方キロメートル、総人口は172万人でトゥチャ族、バイ族、ミャオ族など46の少数民族が住む少数民族地域であり、少数民族の人口は総人口の75%を占めています。

 1982年、張家界国立森林公園は中国初の国立森林公園になりました。1992年には張家界国立森林公園を含む3つの主要な景勝地からなる武陵源風景区が世界自然遺産に登録されました。コロナ流行以前は、張家界の観光市場はほぼ毎年成長を続け、2019年、張家界は年間を通じて8000万人の観光客を受け入れ、総観光収入は990億元に達しました。全国的に見ると、張家界の2019年の観光客数、インバウンド観光客数、観光収入は海南省全体に近く、観光市場は非常に好調であると言えます。

天門山の階段と天門洞窟

張家界観光資源

 張家界の中心的な景勝地である武陵源は、張家界国立森林公園、天子山自然保護区、索渓峪自然保護区で構成されています。ここでは、5000年前の揚子江渓谷の原始的な特徴を維持しています。 森林公園、天門山、大峡谷の3つの大きな景勝地があり、大峡谷には、SNSなどで有名なガラスの吊り橋があります。森林公園にも多くの景勝地があり、その中でもユアンジアジエは「世界一高い屋外エレベーター」のギネス記録を持つ高さ300メートル以上の百龍天梯に乗ることができます。元家界は張家界で特別な場所で、険しい岩があり、ハリウッド映画のアバターもここから撮影されました。

 天門山の有名なアトラクションとして、アジアで最も長い旅客ロープウェイがあります。全長7455メートルの天門山ケーブルウェイです。ロープウェイ全体は張家界市の中心部にあるシティガーデンから始まり、天門山の頂上にある元のスカイガーデンに到達します。ガラス板の道も天門山の特徴的なツアーです。崖の上に建てられた道路はすべて透明なガラスでできており、その上を歩くと、足元の深い谷が見え、空を歩く興奮を感じることができます。天門山公園にある天門洞窟は、天門山の最も代表的な景勝地です。天門洞窟は南北に交差し、標高は1300メートル、門の高さは131.5メートル、幅は57メートル、深さは60メートルです。 1999年、ロシア、米国、ハンガリー、カザフスタン、チェコ、リトアニアからのパイロットが天門山洞窟を飛んでギネス世界記録を作りました。

 張家界を旅行するのに最適な時期は、4月から10月、7月は雨が多く降るため、山道が滑りやすく、山が霧になりがちですが、雨が降ってから1〜2時間は景色を楽しむためには最適で、まるで雲の中を歩いているような感覚になります。冬は雪が降ることがありますが、景勝地には雪に耐えうるインフラ整備を施してあるため、山は閉鎖されません。張家界の山は一般に1000メートルを超えるため、雪は厚くなりますが、冬も旅行に人気な時期です。

大峡谷ガラスの吊り橋

次ページ >>>コロナ流行により選ばれる観光地に?