第6回トビィ抽選会

ドイツ、首都圏と関西で交通広告、独企業6社と-32回目

  • 2014年5月13日

 ドイツ観光局は5月15日から6月1日にかけて、首都圏と京阪神のエリアで交通広告キャンペーンを実施する。これは、1994年11月から継続的に実施しているもので、日本に進出しているドイツの企業の協賛を得て展開。今回で32回目となる。

 対象路線は、首都圏が東急東横線と東急田園都市線、京阪神がJR西日本の新快速。各路線で1編成ずつ、合計26両を、ドイツ観光局と協賛する6社の広告で完全にジャックするという。また、東急電鉄の車両では、車内の液晶画面で動画も放映するという。

 なお、今回のキャンペーンに協賛するドイツ企業はメルセデス・ベンツ日本、フォルクスワーゲングループジャパン、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)、SKWイーストアジア、ドイツ文化とドイツ語振興機関・ゲーテインスティテュートの5社・団体が昨年からの継続だが、キッチン用品ブランドのフィスラーも新たに参加する。また、ドイツ・ユネスコ世界遺産協会とドイツ・ロマンチック街道協会の参加も予定しているという。