ビズリーチ

KNT、イオンクレジットサービスと業務提携−共通カードや独自商品の販売へ

  • 2007年9月4日
 近畿日本ツーリスト(KNT)は旅行関連サービス事業について、イオンクレジットサービスと業務提携について基本合意した。まず、KNTは今年10月をめどに、「KNT Card(ケイ・エヌ・ティ・カード)」のVISAを発行。KNTの国内、および海外パッケージツアー、および宿泊クーポンの支払いで「KNT Card」を利用すると、通常は1000円当たり1ポイントのところ、3ポイント付与する機能などを提供。また、イオンクレジットが運営するカード会員向けの「AEON MARKET」で国内、海外旅行の予約、およびクレジットカード決済の利用ができるほか、カード会員限定のツアーなど商品を充実させる。

 このほか、イオンクレジットの香港、タイ、マレーシア、台湾の現地法人が発行するカード会員を対象とした訪日観光旅行の企画、実施についてKNTが提案をしていく。イオンクレジットは日本、海外で約1750万人の会員を持ち、クレジットカード事業のほか、保険代理店などの事業を展開している。