観光産業テレワークに関するアンケート
1980年大手旅行代理店入社後すぐにアメリカに社費留学駐在をし、アメリカでのアウトバウンドオフィスでオリンピック対応やインセンティブハウスとの交渉の経験をした。その経験を生かし、日本へ帰任後、大手自動車メーカーの国内外の大型インセンティブツアーを担当して様々なテーマパーティーを仕掛け、大手家電メーカーのオリンピックホスピタリティを担当し、ミレニアムオリンピックで3000名の第三国を扱うグローバルインセンティブを担当し、オリンピックホスピタリティの先駆者となり、それと並行し、大手科学雑誌社との協業で、天体や恐竜や様々なSIT商品を作り上げたり、国内最大手タバコ会社などの産業視察旅行を数多く手がけた。のち大手旅行代理店の国内旅行や個人旅行やホールセラー事業の責任者を務めた。現在は主にラグジュアリー・トラベルをマーケットとする第三種旅行業代理店とインバウンド並びに修学旅行をマーケットとする手荷物輸送会社を経営している。

最新のプロコメ

  • 既成概念にとらわれない発想で幅広く信頼関係を築く―株式会社全旅 代表取締役社長 中間幹夫氏

        • 山本 龍二
      • D.T.I.ツアーズ 

    私は大手旅行会社に在籍していたころは旅行業のコアなところで事業をしていると勘違いしていました。井の中の蛙大海を知らずでありました。子会社に出向しB to Bの旅行ビジネスに少し関わり、海の広さを感じました。そして退職後、小さな旅行会社を立ち上げ、全旅を知ることになり大海を知りました。今回のこの記事を拝読しより強くそのことを感じています。グローバルスタンダードではなくジャパンスタンダードで作り上げられていた日本の旅行業がグローバルスタンダードに変わるまさにコロナ禍だからこその変化のチャンスです。 その変化のコアこそ全旅であるのではと思っています。全旅の今後に大いに期待しています。
    コメント全文を読む 6月16日 7

  • ネット販売全盛でもリアル店舗は必ず必要 三洋航空サービス社長の中塚裕博氏

        • 山本 龍二
      • D.T.I.ツアーズ 

    前職で関西に勤務していたころに中塚社長と交流があったがその当時から様々な新しいトライアルをされていて素晴らしい経営者の方であると尊敬しておりましたが今回のインタビューを拝見しますます進化されていると強く感じ、まさに新たな業態に挑戦されている姿には感動を覚えます。 欧米のラグジュアリー旅行マーケットのスタンダードは小さなトラベルアドバイザ-の集合体などがメインプレイヤーであり、そのほとんどがまさに対面販売と非対面販売の融合であり、日本のような大手旅行会社とはまた違うユニークな発展を遂げている。 コロナ渦で新たな旅行業が生まれるチャンスだと強く思い、そのために障害となる業法などの壁はそろそろ改正検討するチャンスではないかと思っている。
    コメント全文を読む 4月25日 5

  • 発行人より読者の皆さまへ

        • 山本 龍二
      • D.T.I.ツアーズ 

    リニューアルおめでとうございます! コロナ渦での困難を乗り切るために様々な切り口で 記事を編集いただき、いつも大変有益な情報ありがとうございます。 今後とも業界のリーディングメディアとしての活動活躍期待しております。
    コメント全文を読む 1月25日 0