コワーケーションドットコム

8月の宿泊業倒産は今年最多の14件、新型コロナ倒産が半数を占める-TSR調査

東京商工リサーチ(TSR)によると8月の宿泊業の倒産は前年同月比250%増の14件で今年最多となった。負債総額は前年同月比159.3%増の75億2000万円で3ヶ月ぶりに前年同月を上回った。原因別では販売不振が10件、形態別で破産が10件、特別精算が2件となった。新型コロナウイルス関連倒産は7件で、倒産全体の5割を占めた。倒産したSHIはビルやマンションを借り上げ、福岡を中心に10箇所でResidence Hotelを運営。2018年3月期には約6億7100万円の売上、直近は10億円を超えていた。し...