キャリチャ

コロナでの学びを活かし、新しい観光の形を探る-別府市長 長野恭紘氏

市長が先陣を切って内需喚起
Go Toトラベルは段階的な再開を

就業者の9割以上がサービス産業に就いている大分県別府市。名実ともに観光の街であり、コロナの影響は計り知れない。市長の長野恭紘氏は昨年以来、雇用維持のための予算確保や感染予防対策などに奔走してきた。「節度ある観光客は大歓迎」と話す長野氏に、別府の現在と今後目指す姿を聞いた。インタビューは4月6日に実施した。(聞き手:弊社代表取締役社長兼トラベルビジョン発行人 岡田直樹) -まずはご自身のご紹介をお願いいたします。長野恭紘氏(以下敬称略) 2015年、市政へは3度目の挑戦で、別府市史上1番...