キャリチャ

アジア系トラベルテック企業から見るポストコロナ訪日マーケットの展望(後編)

求められるのは安全性やホスピタリティ

訪日マーケットに強い関心を寄せるインドネシア最大手のオンライン旅行代理店(OTA)tiket.comと、中国の旅行・ホスピタリティITソリューション企業Shiji Group。インタビューの後編では、インドネシア、中国それぞれの旅行者の嗜好の変化や予約傾向などについて聞いた。(インタビュー前編はこちら) -インドネシアの人口は約2億7500万人で世界第4位です。この人口規模がインドネシア人の海外旅行行動に与える影響について、どのようにお考えでしょうか。サラ・エローザ氏(以下敬称略) 私たちに...