お助け道場を開設しました!

羽田国内線、発着枠の回収・再配分へ検討開始、夏めどに方向性決定へ

国土交通省航空局は1月30日、「羽田発着枠配分基準検討小委員会」の第1回会合を開催した。羽田空港における国内線用発着枠の使用許可が2020年1月で5年間の期限を迎えることから、それ以降の配分方法について検討し夏頃をめどに方向性をとりまとめる計画。冒頭で挨拶した航空局長の蝦名邦晴氏は、「昨年度の日本の航空旅客数は初めて1億人を超えたが、このうち6割が羽田空港を利用した。羽田は航空ネットワークの中核となる基幹空港で、我が国の競争力強化の観点からも重要な役割を担う」と紹介。そのうえで、前回の配分からの5年...