お助け道場を開設しました!

JATA、出国税使途で早期に提言-安否システム予算は「画期的」

日本旅行業協会(JATA)の田川博己氏は1月10日に開催したJATAの新春記者会見で、2017年の振り返りや18年の見通しなどについて語ったほか(関連記事)、19年1月から導入予定の「国際観光旅客税」(仮称。いわゆる出国税)についても言及し、「訪日旅行者を増やすには相手の国を知る必要がある。日本人の海外旅行にも裨益する使途を」と強調した。今後はJATAとしての提言を遅くとも3月まで取りまとめる考え。政府は日本人と外国人の両方の出国者から1人一律1000円を徴収し、訪日旅行向けの環境整備策などを中心に...