TASAキャンペーン

訪日旅行で連携強化、市場多様化はかり地方誘客を-JATA経営フォーラム

  • 2014年4月3日

2013年の訪日外国人旅行者数は1036万3900人となり、初めて1000万人を突破した。政府は2013年6月に閣議決定した「日本再興戦略-Japan is BACK-」で、2000万人の高みをめざし、2030年には3000万人の大台を目標に掲げている。旅行業界も2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、訪日旅行ビジネスの拡大に取り組んでいるが、ゴールデンルート以外への誘客、受入環境整備など課題は多い。2月におこなわれたJATA経営フォーラム分科会C「JATA会員会社の訪日旅行取扱いを増...