ビズリーチ

ジェットスター、国内線需要は「VFR」3割か、最低価格保証も

  • 2012年5月29日

ジェットスター航空(JQ)日本支社長の片岡優氏は、このほど本誌インタビューに応じ、ジェットスター・ジャパン(GK)の国内線の準備状況や見通しなどを語った。片岡氏は現在、一時的にGKに出向している。GKの国内線の需要としては、成田と関空発着であることからビジネスは5%程度に留まるとの予想。そして純粋な旅行が6割から7割で、約3割が親族や友人の相互訪問を意味する「VFR(Visit Friends and Relatives)」になると見ている。現在の予約状況としては、7月から8月にかけての予約が好調で...