観光産業テレワークに関するアンケート

【瀋陽現地レポート】発展続ける観光産業、観光名所も豊富な瀋陽とは

  • 2021年10月5日

 瀋陽市は遼寧省の省都、日本に住む10万人以上の中国人は遼寧省出身です。同じく遼寧省にあり、日本と密接な関係にある大連市から車でわずか3時間の場所に位置し、2000年以前は北京、上海、天津に次ぐ中国東北部の代表的な都市として、国内で4番目に人口が多かった都市となります。また、北東部で最も豊富な観光資源を持つ都市でもあります。
※この記事は9月26日の情報を基に執筆しています。
※前回の中国現地レポートはこちら

瀋陽ってどんな街?

 遼寧省の省都である瀋陽は中国東北部の南に位置し、北東アジアの経済、文化、運輸、商業の中心地です。緯度は日本の函館に相当し、最も寒い1月の平均気温は-16℃、最も暑い7月の平均気温は29℃となります。総面積は13000平方キロメートルで、北東アジア経済サークルと渤海経済サークルの中心に位置し、この地域の重要な経貿易の中心地となっています。また北東部の交通ハブであり、最大の商品流通センターでもあります。大学の数は中国全土で8番目の多く、病院の数も中国全土で6番目に多いです。

 同時に、満州の発祥の地でもあり、清王朝がここに設立され、瀋陽は1625年に清王朝の首都になりました。都市は急速に発展し、1945年に建てられた瀋陽故宮は「世界遺産リスト」に登録されており、中国で2番目に大きな宮殿です。首都を北京に移した後、瀋陽はその優れた地位を維持し続け、後に中国で最も重要な重工業の中心地の1つに発展しました。また瀋陽は29の民族が生活する多民族都市であり、中国東北地方の伝統的な料理のほかにイスラム料理、韓国料理などの民族料理を楽しむことができます。

中国東北地方代表料理、羊の串焼き

瀋陽の観光資源

 近年、瀋陽の観光産業の規模は拡大を続けており、良好な発展傾向を示しています。市内には121もの全国Aレベルの観光名所、368の旅行代理店、81のハイクラスのホテルがあります。 2019年、瀋陽の総観光収入は875億元に達しました。代表的な名所である瀋陽故宮は、北京の紫禁城に次ぐ中国で最も完成度の高い宮殿であり、瀋陽市瀋河区の明清旧市街の中心部に位置し、初期の満州宮殿建築の特徴や独自性を反映しています。瀋陽故宮は1625年に清王朝の創始者であるヌルハチによって造られ、使用された宮殿でした。清後の皇帝が首都を北京に移して以降、北東部を訪れた際に先祖代々の霊廟に敬意を表した宮殿でもあり、国内で唯一残っている満州の民族宮殿の1つです。さまざまな国籍の建築芸術を宮殿建築に統合することは、古代中国の宮殿建築のモデルです。

 瀋陽紫禁城から門の前には清王朝の中街があり、中街は歴史のある古い通りであるだけでなく、瀋陽で最も有名な商業歩行者通りでもあります。中家には100年の歴史を持つお店がたくさんあり、活気あふれる都会的な雰囲気に溢れています。瀋陽でのショッピングや食事には最適です。

 瀋陽金融博物館は1930年に建てられました。ロマネスクを模倣した建築様式は、現代の北東部の傑出した建築の代表です。博物館の建設面積は7500平方メートル、展示面積は5100平方メートルで、6000近くの貴重な文化的遺物が展示されています。現在、この種のテーマ博物館としては国内最大です。長さ1kmの展示ラインには、フロンティア銀行回復展示、北東金融開発史、通貨物語、世界証券取引所展示ホールの4つのテーマ別展示エリアがあります。

 瀋陽の気候は、春は暖かく日差しがたっぷり注ぎます。夏は比較的暑いですが、南部よりもはるかに涼しく、秋は涼しくて快適です。冬はスキーを楽しむことができます。4月から10月が瀋陽を訪れるおすすめの季節です。冬は厳しい寒さに加えて乾燥しており、北風と北西風が吹き荒れますが、北国の雪景色や雪像を鑑賞することができます。スキー愛好家の方はぜひ足を運んでみてください。

瀋陽中街

瀋陽故宮

次ページ >>>豊富な交通網