観光産業テレワークに関するアンケート

20代社員が振り返る今週のニュース ー 今年の旅行会社倒産予測は初の200超え、どうやって耐え忍べば

  • 2021年9月30日

 ついに四回目の緊急事態宣言が、明日(執筆は9月30日)解除されます。都民である私にとっては7月の11日からの長い長い緊急事態宣言がようやく終わると言われても、私生活は正直なところ大して違いもありません。たまーに出社しつつ基本在宅で仕事をし、歩いてジムへ行き、家ではまだ読んでいなかった本を読む。飲食店の営業時間が伸びることは嬉しいですが、精々がその程度です。
 ですが観光産業にとっては大きな緊急事態宣言解除です。先月中旬の10倍の予約数になった旅行会社さんなどもニュースで取り上げられ、国内旅行への回復を一気に期待したいところです。

 しかし、この緊急事態宣言解除だけで全て解決なんてことはもちろんなく、9月のJATA・ANTA退会数も30社を超えました。PVもさることながらコメントの付き方で皆様の興味の強さがわかります。
 TDBによると 旅行会社の倒産と廃業数は、2020年が129件、2021年は8月まででなんと136件です。本年の倒産数は200超えを避けられないとも書かれており、非常に暗いトピックスです。
 旅行会社の倒産の話を見聞きするたびに、私は飲食店の方々が羨ましくなります。もしこの業界にも真水の支援があったならば、ここまでの倒産はなかったのでしょう。GoToはたしかに無いよりは良かったですが、現場の運用が煩雑だった割には効果も一時的な上、一部の業務形態によっては恩恵を受けられなかった会社もありました。これだけが旅行会社を助ける唯一の策では到底業界全体を支えることはできないでしょう。その上、もし雇用調整助成金が来年からはなくなってしまったら……海外渡航後の隔離期間も10日間に短縮という期待はずれのものでしたし、何を拠り所にこのコロナ禍を耐え忍べばいいのか。

 星野リゾート サーフジャック ハワイに聞いたお話でも「残りの2021年のハワイ観光は難しい状況が続くのではないかと思っています」という予測をされており、一時は世界の観光地のロールモデルとなるかと思われたハワイすら年内は厳しいとなると、海外渡航はまだまだ先になりそうです。ワクチン接種さえ一般的になれば旅行を受け入れるというのが半年前の業界の希望だったと思いますが、今はワクチンでもそうはいかないということがわかってしまいました。

 暗い話題ばかりになってしまいましたが、せめてもの明るい話題を。10月1日より、第三回トビィ抽選会を開催いたします! 観光産業になかなか明るい話題はありませんが、せめて観光産業従事者の皆様に少しでも明るい気持ちになってもらえるよう、今回も景品を集めました。今はコメントや他の方に登録紹介をするとトビィがもらえるので、皆さん是非今応募してみてください。

関連ニュース