別府Week!インタビューはコチラ

【大韓航空】働き方改革進め、22年4月に「新乗務員施設」開設

 大韓航空は2022年4月、乗務員に向けた働き方改革の一環として、仁川国際空港第2ターミナルに新たな乗務員施設「仁川オペレーションセンター」を開設する。コンセプトは「SMILE&FLY」。乗務員の笑顔があふれる職場環境作りに取り組む。

 施設は仁川国際空港第2ターミナルからシャトルバスで5分の位置に設置。7、230平方メートルの敷地に地下1階、地上3階、建築面積4、315平方メートル、延べ床面積1万4834平方メートルの規模で建築される。建物内には運航乗務員、客室乗務員のブリーフィング室、待機室、休憩室、食堂、銀行、コンビニエンスストアなどができる予定だ。工事は来年9月から始まる。

 建物内は、明るい光がたくさん差し込むガラスの外壁と、空に向かって曲線的に伸びる二つの建物が特徴だ。屋上には庭園も作られる。建物のコンセプトである「SMILE&FLY」は、乗務員の明るい笑顔と飛び立つ飛行機を表している。

 「韓国でも働き方改革が求められ、進んでいる。現在ある施設より、もっと第2ターミナルに近い場所に完成する。乗務員にストレスなく、楽しい職場作りをこれからも行っていきたい」と同社。

 今後は、内部施設も乗務員の動線や業務の特性による使用パターンを分析し、プランニングしていく計画。


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース