ビズリーチ
マリオット

KAYAK、本格参入1年で「目標は十分達成」、今後はマス広告検討

旅行ツールの提供で他社と差別化
NDCでサービス改善も

-日本で提供しているサービスを教えてください

「Trips」の画面。ホテルまでの地図や、現地の言語で住所を表示する機能を設けた(※クリックで拡大)

山下 我々が提供する主な機能は航空券、ホテル、レンタカー、ダイナミックパッケージの価格比較機能。メタサーチとして契約している航空会社や旅行会社数は非公開だが、航空会社は大手とLCC、旅行会社はグローバルOTAや日本の大手旅行会社はだいたい網羅している。

 他社は掲載件数を増やすことを重視しているようだが、我々はその会社に値段やサービス面でどういう魅力があるかを検討した上で、提携するかを決めている。例えば他社と比べて旅行代金が高い旅行会社と契約しても、掲載したコンテンツはクリックされず、WIN-WINの関係にはなれない。

 また、無料の旅程管理アプリ「Trips(トリップス)」を提供している。Tripsは航空券、ホテル、レンタカーの予約メールを転送することで自動的に旅程を作成し、予定を一元管理することができるツールで、日本語版もある。KAYAK利用者以外も利用できるが、KAYAKで予約したほうが使いやすいので、TripsをきっかけにKAYAKを使い始めるユーザーも多い。


-今後強化したいサービスを教えてください

山下 宿泊施設のクオカードつきプラン、マッサージつきプランなど、特典がついている宿泊商品をいかに適切に表示するかが課題。海外サイトの場合、KAYAKの「ディール」というタブにセール情報を掲載しているが、そういう機能を活用して、特典付きプランをうまくカバーできるようにしたい。

 また、ユーザーの動向に合わせたパーソナライズ化にも取り組みたい。ユーザーが検索する前に検索したい情報が目の前に表示されていることが理想だと考えている。過去の検索履歴に基づき、適切な情報をトップページ掲載するなどの取り組みを実施したい。


-取り扱う旅行商品を増やす予定はありますか

山下 当面は現状を維持する。Booking.comが先ごろ東京でアクティビティの予約を開始したが、我々はアクティビティについては一旦距離をおいている。アクティビティを予約するタイミングは国によって異なるが、日本は旅行前ではなく旅行中に予約するケースが多く、航空券やホテルを予約するタイミングとずれている。

 Tripsでアクティビティを紹介することは可能だが、今はTripsにそうした広告は入れていない。我々はユーザビリティを重視しているので、当分はアクティビティを扱わないと思う。

関連ニュース