キャッシュレス決済キャンペーン

日本航空、14年秋の個人情報漏洩は4131人分

  • 2015年1月22日

 日本航空はこのほど、2014年9月に判明したマイレージ会員の個人情報漏洩について社内調査を完了し、外部サーバに送信された個人情報が4131人分だったと報告した。JLは、同社内のパソコンの一部に不正アクセスによるウイルスが侵入し、最大75万人の個人情報が漏洩した可能性があるとして、社外の独立役員で構成された委員会による検証を進めてきたところ。

 最終報告によれば、個人情報は社内のコンピューター3台から香港のサーバーに送信されていたという。JLは個人情報が漏洩した4131人に対し、500円相当のQUOカードを提供した。

関連ニュース