求人情報

アクセスランキング、1位は欧州便の混乱−現地16日は1.6万便が欠航の見通し

  • 2010年4月17日
[総評] 今週は、アイスランドの火山が噴火したことによる欧州路線の混乱について書いた記事が高い注目を集めました。欧州の空域を管理するユーロコントロールによると、欧州で現地時間4月15日に運航された便は通常時の約2万8000便より約3割少ない2万334便となったそうです。16日の運航便数は1万2000便前後にまで減少する見通しで、事態が好転する兆しはあまりありません。

 個人的には、ようやく需要が上向いてきている今、こうしたことが起きてしまったことに口惜しさを覚えます。しかし、本日お話した何人かの旅行会社社員の方々は混乱しつつも粛々と対応されている様子で、こうした姿勢こそ旅行会社への信頼につながるはずだと強く感じました。トラベルビジョンとしても、ゴールデンウィークまでに状況が改善することを願いつつ取材を進め、情報をお伝えすることでお役に立っていきたいと考えています。

 こうした考えから、通常のスケジュールでは次の記事掲載が月曜日になってしまうことを考慮し、日本時間4月17日00時現在の情報を別の記事として掲載しています(リンク)。記事内では、取材時に集めている航空管制当局や航空会社、空港会社のウェブサイトへのリンクも掲載していますのでご活用ください。

 なお、今週のランキングではこのほか、バンコクのデモ隊と治安当局との衝突に巻き込まれて日本人ジャーナリストの村本博之さんが亡くなったことについて、旅行業界紙としての視点から書いた記事が入りました。村本さんにはご冥福をお祈りするばかりです。今のところ旅行需要への影響は限定的ですが、初めてタイに行こうというような旅行者には間違いなくマイナス要素です。末永くタイが旅行者を魅きつけるデスティネーションであり続けるために、一刻も早く平静を取り戻し、困難であったとしても事態の根本的な解決がなされることを望んでやみません。(松本)


▽日刊トラベルビジョン、記事アクセスランキング
(2010年4月第3週:4月12日2時〜4月16日21時)
第1位
欧州便が混乱、アイスランドの噴火で−ヒースローなど閉鎖(10/04/16)

第2位
BAとIBが合併を正式決定、欧州2位の航空会社グループ誕生へ(10/04/12)

第3位
羽田国際線を9万回に−国交省成長戦略会議、重点項目をとりまとめ(10/04/14)

第4位
バンコクで邦人死亡、旅行への影響懸念−渡航情報の引き上げは現状なし(10/04/13)

第5位
日旅・トップツアーなど4社、航空券の発券・仕入を統合、新会社設立で合意(10/04/16)

第6位
名古屋鉄道、旅行部門を名鉄観光に集約−グループでの収益向上へ(10/04/13)

第7位
KNT、オーストリアでバス事故−4月11日、2名けがも命に別条なし(10/04/13)

第8位
成田、不定期便の発着枠が早期確定−チャーターなど設定容易に(10/04/14)

第9位
KNT、GW予約状況は人数前年割れ、取扱額は増加の可能性−欧州など好調(10/04/12)

第10位
カナダ観光局会長、具体的イメージ訴求で誘客へ−カルガリー線も追い風に(10/04/12)