熊野古道SEN.RETREAT

シンガポール人の「日本の見方」と日本のインバウンド考察

 F-ness International (Singapore) 代表取締役の赤井亮太です。すでにシンガポールに来てから2年が経ち、2021年1月より3年目に入りました。日本では感染者が増加の一途を辿るコロナウィルスも、シンガポールでは政府の強力な抑え込みもあり、市中感染はほぼゼロを保っています。市中で感染するというリスクを感じることは全くない状態です。

 本日は、コロナから話題を変え、シンガポール人は「日本をどのように見ているのか」を紹介し、今後の日本のインバウンドを考察してみたいと思います。

1. 無類の日本好き!

 私が日本人であるため、お世辞もあるのかもしれませんが、シンガポール人は、どのような世代の人に聞いても、ほぼ100%に近い確率で「日本が好き」「日本に行きたい」「何度も日本に行っている」という声が上がってきます。驚くことに、これはシンガポールにいる他の国籍の人でも、ほぼ似たような結果です。

 人気の旅行先は、やはり東京、大阪、京都などのゴールデンルートですが、次点としては北海道になります。自分の国が常夏で、雪を見る機会もないので、冬の北海道へ行きたいという声が最近多くなってきているように感じます。最近では、多くのショッピングモールでも、北海道○○(例えば、北海道ソフトクリーム、北海道ラーメン)をよく見かけ、「北海道」と付いているだけで長蛇の列になるくらい人気があります。

 やはり、歴史・文化、食、エンターテイメント、どれを取っても一級品の日本には、根強いファンが多いということでしょうか。シンガポールをはじめ、アジア諸国の人は無類の日本好きだと感じます。

この続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録して、
トラベルビジョンをもっと活用しよう!

会員向け記事が読める
トビィ抽選会に参加できる
コメント投稿ができる
優待情報が閲覧できる
今すぐ無料会員登録