「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

スカイマーク、来年6月にサイパン線開設へ、パラオ線も

  • 2018年7月19日

B737-800型機 スカイマーク(BC)が7月18日に開催した記者懇談会で、代表取締役社長の市江正彦氏は業界紙などの取材に応じ、保有機材が増える来年の5月以降に成田/サイパン線とコロール(パラオ)線を定期便として運航する考えを示した。サイパン線は1日1便で、「6月には定期便化したい」考え。マリアナ政府など現地の強い要望を受け、年末年始にはチャーター便を運航する予定という。

 同社は現在、全177席のB737-800型機を26機保有しており、このうち3機は予備機や整備などに回し、23機でスケジュールを組んでいる。今後は8月に1機、来年5月に2機を導入し、29機体制になる予定。市江氏は「定時性をキープすることがとても重要」と話し、機材に余裕ができてから国際線を開設する考えを示すとともに、「海外の定期便は初めて。関係当局の認可、空港のハンドリングの委託などを1つ1つクリアしていきたい」と語った。

この続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録して、
トラベルビジョンをもっと活用しよう!

会員向け記事が読める
トビィ抽選会に参加できる
コメント投稿ができる
優待情報が閲覧できる
今すぐ無料会員登録