日英航空協議、羽田/ロンドン線で合意−パリ線に続き2ヶ国目

  • 2008年11月14日(金)
 日本と英国との航空当局間協議が11月11日と12日に開催され、羽田/ロンドン線の運航を可能とすることで合意した。これは羽田空港の第4滑走路供用開始後の深夜早朝時間帯(22時〜翌7時)を使用するもので、この枠組みでの羽田/ヨーロッパ路線の合意はフランスに続いて2ヶ国目。羽田/ロンドン線は、日本とイギリス双方で1日1便ずつ運航可能だ。

 羽田と成田の首都圏空港再拡張を2010年に控え、国土交通省では各国との協議を進めており、これまでのところ、成田空港での輸送力の拡大についてはドイツやベトナム、インド、オーストリア、カタール、フィンランド、スカンジナビア三国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、シンガポールとの間で合意した。羽田空港については、昼間時間帯は、韓国との間で羽田/ソウル線と羽田/釜山線の定期便開設で合意。また、深夜早朝時間帯では、マレーシアと韓国、シンガポール、フランス、イギリスとの間で定期便開設の合意を得られている。

 さらに、アジアゲートウェイ構想に基づく航空自由化については、これまでのところ、韓国とタイ、マカオ、香港、ベトナム、マレーシア、シンガポールと合意済み。中国にもこのほど実施した協議で自由化を提案したが、継続協議となった。


http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=38768
日本と英国、航空協議を開催、首都圏拡張後の輸送力を確認
[掲載日:2008/11/10]

■海外ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ