観光産業テレワークに関するアンケート

コロナ禍中に宿泊者数・客室稼働率とも前年超え、「那須塩原の奇跡」―塩原温泉 常盤ホテル支配人 冨岡紳郎氏

目指すのはコスパのいい宿
ITを上手に取り入れながら、この規模感でできることをやっていく

コロナ禍において全国各地の観光・宿泊業が厳しい状況に置かれているのは言うまでもない。休業や廃業を余儀なくされているホテルや宿泊施設も少なくないなか、塩原温泉 常盤ホテルはコロナ前より宿泊者数が伸びているという。コロナの影響や業績好調の理由などを支配人の冨岡紳郎氏に聞いた。(聞き手:弊社代表取締役社長兼トラベルビジョン発行人 岡田直樹) -まずは、常盤ホテルと冨岡支配人のご紹介をお願いいたします。冨岡紳郎氏(以下敬称略) 私ども常盤ホテルは、東京・池袋にある株式会社レックアイと...