お助け道場を開設しました!

中南米 / 中南米諸国地域で、ブラジルからの訪問者に対し「イエロカード」の提示を義務付け

  • 2018年3月6日

ブラジルで黄熱患者が増加していることから、2018年1月16日、世界保健機関(WHO)は、これまで黄熱ワクチンの接種推奨地域に含まれていなかったサンパウロ市を含め、サンパウロ州全域を推奨地域としました。よって、サンパウロ市を訪問される方も黄熱の予防接種が推奨されます。また、アビアンカ航空でも、イエローカードの所持を奨励しています。(義務化ではありません) なお、ボリビア、パナマ、ニカラグア、ベネズエラ、コスタリカ、エクアドル、キューバ、コロンビア、アルーバ、バルバドス、ベリーズ、キュラソー島、エルサ...