「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

中部、14年夏ダイヤは週295便-台湾、香港、東南アジア線増加

中部国際空港の2014年の夏ダイヤ(3月30日~10月25日)で、国際線旅客便の週間便数は2013年夏ダイヤのピーク時実績比で5便増の295便となった。13年冬ダイヤのピーク時実績からは12便増となる。就航都市数は27都市。方面別では、13年夏ダイヤ比で台湾・香港が2便増の48便に、東南アジアが7便増の49便に増加。韓国は4便減の56便と減少した。14年夏の新規就航や増便では、セブパシフィック航空(5J)が3月30日から週4便で新規就航。3月30日からチャイナエアライン(CI)が台北線を2便増の週1...