「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

お宿好きが思う「エージェントの在り方」-Loco Partners塩川一樹氏

  • 2022年6月23日

 Loco Partnersの塩川です。前回は「心に残る宿」を振り返りながら「お宿の在り方」について寄稿をさせてもらいました。今回はお宿好きを公言するからこそ、矢印を自分たちにも向けて「エージェントの在り方」について考えてみたいと思います。

 お宿とお客様の間に良い関係性があるように、お宿とエージェントにも好ましい関係性というのもあるかと思います。日常的にこうした意識はありつつも、最近「グッド・アンセスター 〜わたしたちは良き祖先になれるか〜」という書籍を読んでみて、改めてこのような基本的なテーマを思い立ちました。

 Loco Partners社内でも塩川道場という「お宿様とともに歩んでいくための必要な知識・姿勢」をテーマにして、私自身が講師をつとめて勉強会を実施してきました。その中のコンテンツにある「旅館・ホテル内覧の掟」の一部を抜粋しながら「エージェントの在り方」について、自身の背筋を伸ばすつもりで反芻してみたいと思います。

「私たちエージェントはお客様ではない」

 まずは基本姿勢の話になります。私たちエージェントにとって旅館・ホテルの皆様は大切なクライアントです。そして私たちがお客様ではないことを正しく理解すること。ここに尽きるかと思います。

 お宿の皆様は、普段からお客様をもてなすようにエージェントである私たちに対しても快く、そしてあたたかく接してくださることから、つい自分たちがお客様になったかのような錯覚に陥ります。時々エージェント向けの合同のレセプションがあると、あからさまに旅館・ホテルの皆様を値踏みするかのような上から目線の態度が垣間見えたり、一般のお客様と同じようにはしゃいだりする方がいます。その向こうで施設担当者様の苦々しげな表情を見て、毎回はっとさせられるのです。

 現場で内覧させてもらうときの基本姿勢は「私たちはお客様ではない」ということ。そしてお互いに発展を目指し、末長くパートナーとして認めていただくための、基本プロセスの1つであるというのが、あるべき姿勢と考えます。

次ページ >>> まずは事前のインプット