TASAキャンペーン

駐日外国政府観光局協議会(ANTOR-JAPAN)会長 フレデリック・マゼンク氏

  • 2022年1月4日

【原文】(英文)

Created in 1966, ANTOR-JAPAN is the association of foreign tourist representatives. ANTOR-JAPAN aims at strengthening the growth of outbound tourism from Japan to the world through cooperation with the travel trade.

Tourism is obviously a major industry, but it’s also a special industry. We think that developing international tourism leads to a better understanding and appreciation of various nations and cultures and thus plays a vital part in making the world a better, safer, friendlier place for all.

For two years now the world has been facing the COVID-19 pandemic and one of the consequences is that outbound tourism from Japan is pretty much completely stopped. The current situation is certainly the most serious the travel industry has ever faced through its history.

Still, there is no reason to think that the Japanese people will to travel abroad has disappeared. It is of course difficult to say when market recovery will begin but we know that a strong recovery will happen when Japanese people can travel easily again. There are many uncertainties in front of us and it is then all the more important that we work together to prepare this recovery in the best possible way.

All ANTOR-JAPAN members remain motivated and active. We all look forward to get the Japanese outbound market moving again with our friends from the travel trade.

Let us make 2022 the year when the Japanese travel abroad again !

【和訳】

 1966年に設立された駐日外国政府観光局協議会(ANTOR-JAPAN)は、日本国内の外国政府観光局の代表から成る団体です。旅行・観光分野に携わる関係者間の連携を通して、アウトバウンド観光促進及び強化を目的に活動をしています。観光分野は一産業に留まりません。異文化相互理解の促進にも寄与し、国際社会をより良く、安全且つ友好的な世界となることに貢献している産業だと考えています。

 ここ2年間、世界は新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックに直面しており、その影響で日本のアウトバウンド観光業がほぼ完全に停止しています。現在の状況は旅行業界が歴史上これまで直面した中で最も深刻なものです。

 けれども、日本人が海外旅行をする意欲を失った訳ではありません。市場回復がいつになるのかは不透明ですが、再び簡単に旅行ができるようになれば、力強い回復が起こることは明白です。不安な日々は続きますが回復した時の為に、最善の方法で私たちが協力し準備することが益々重要になります。

 ANTOR-JAPANのメンバー一同は、前向きに活動を続けています。私たちは皆、日本のアウトバウンド市場が旅行業界の友人たちと再び活動できることを楽しみにしています。

 2022年は日本人が再び海外旅行をする年にしましょう!今後ともどうぞよろしくお願い致します。