TASAキャンペーン

AIRDO、ポケモンをデザインした「ロコンジェット北海道」発表、12月就航

  • 2021年11月10日
(写真左から)北海道知事の鈴木直道氏、HD代表取締役社長の草野晋氏、ポケモン社代表取締役の宇都宮崇人氏

 AIRDO(HD)と株式会社ポケモン、北海道は11月8日、ポケットモンスターのキャラクターを描いた特別塗装機「ロコンジェット北海道」を12月1日より就航すると発表した。就航路線は羽田-新千歳、旭川、函館線などで、1日6便または7便程度運航。詳しい路線や便名は運航前日に特設ホームページで公開される。就航期間は約5年間を予定している。

 使用機材はボーイング767-300ER型機で、機体の左側にはHDのコーポレートカラーである「AIRDOブルー」を基調とした「アローラロコン」が、右側にはもう1つのコーポレートカラー「AIRDOイエロー」を基調とした「ロコン」がデザインされた、左右非対称の特別塗装機となっている。座席のヘッドレストカバーは3種類あり、アローラロコンとロコンを描いたものを左右の座席に、2匹を描いたものを中央席とロコンのポケモン図鑑番号にちなんだ37列目の座席に配している。客室乗務員は2匹をあしらったオリジナルのエプロンを着用し、オリジナルの紙コップでドリンクを提供する。機内ではポストカードやステッカーも用意し、希望する乗客に配布する。

 HDとポケモン社はいずれも北海道と包括連携協定を結んでおり、両社は協定を締結する企業間の連携として、特別塗装機を活用して道内各地の観光振興の活性化を図っていく。