TIFS緊急アンケート

広島県観光連盟、観光プロダクト開発促進補助金の公募を6月16日より開始

  • 2021年6月11日

 広島県観光連盟(HIT)は、令和3年度観光プロダクト開発促進補助金の公募を6月16日から開始する。「新しい生活様式に対応した,観光客に対して価値があり,熱狂でき,また来たいと思ってもらえる,広島ならではの新しい魅力ある観光プロダクト」の開発をする事業者に対してHITが補助金を交付するもの。

 事業者の強みを生かした異業種連携を促進するため、学びやつながる場としてのプラットフォーム「HYPP」への参加が補助金交付の要件としている。HITが定義する異業種連携とは「観光」と「地場産業」と「流通業」、「観光」と「農業」、「モノづくり」と「IOT」、「モノづくり」と「デザイン」などだという。

 補助金の対象となる事業者は、HYPPに参加しプログラムを受講し、国内外の観光客の誘致促進に取り組む法人、個人事業主、観光協会、商工会議所、商工会、DMO、DMCなど。

 尚、6月15日に観光プロダクト開発促進補助金についての説明会をオンラインで開催する。

▽令和3年度観光プロダクト開発促進補助金の公募開始及び説明会について
https://www.hiroshima-kankou.com/business/862