キャリチャ

セブ・パシフィック航空 9月2日より日本路線の運航再開へ

 セブ・パシフィック航空は9月2日から、成田-マニラ線、同4日から関空-マニラ線、同8日から中部-マニラ線の運航を再開する。

 10月26日までの運航スケジュールは、成田線は水・土曜日の週2便で、成田発16時25分-マニラ着20時30分。関空線は金曜日の週1便で、関空発20時15分-マニラ着23時25分。中部線は火曜日の週1便で、マニラ発7時15分-中部着12時、中部発13時40分-マニラ着17時5分。時間はいずれも現地時間。

 成田、関空線は日本からマニラへの片道運航となる。セブ・パシフィック航空日本支社では「日本在住のフィリピン人向けの運航便として提供します」としている。

 セブ・パシフィック航空は現在、コロナウイルス感染拡大以前の10%の割合で運航している。今後はフィリピン国内28都市と国際線8都市へのフライトの運航を目指していく。


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース