「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

成田の「ハブ化インセンティブ」、1年目は56社で14.3億円

  • 2016年5月11日

 成田国際空港(NAA)はこのほど、2015年4月1日から18年3月31日まで実施している「成田ハブ化促進インセンティブ」について、15年度の割引額が航空会社56社で総額14億3000万円に上ったことを明らかにした。同制度は国際線および国内線のネットワーク拡充を目的とするもので、新規路線の開設などに対する「ネットワーク拡充割引」と、着陸料の増加分を割り引く「増量割引」からなり、最大で着陸料を1年間無料にする。

 このうち国際線のネットワーク拡充割引の総額は、19社で2億7000万円。増量割引では51社に対して9億9000万円を割り引いた。国内線のネットワーク拡充割引は1社で3000万円。増量割引では5社に対して1億4000万円を割り引いている。