特区で民泊解禁へ(2) 大阪府は審議、国が規制緩和推進

 外国人旅行者への民泊の解禁については、大阪府でも条例案が現在開会中の9月議会で審議されている。

 大阪府では昨年の9月議会でも条例案が提出されたが否決した。今回、民泊の運営が適切かを調査、確認するための立ち入り調査権を盛り込んだ。議会で府側は、適切なチェック体制が実現できるとしている。

 また、政府の規制改革会議でも、民泊を可能にする規制緩和策の検討に入ることを決めており、来年中の実現を目指すとしている。

 (15/10/15)


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース