求人情報

ペルー / 「非常事態宣言」発出に伴う影響

  • 2022年12月15日
  • 出典:OTOA

先週2022年12月07日(水)にカスティージョ前大統領が罷免されたこと受け、ペルー全土でデモ抗議などが発生しております。
クリスマスや年末年始が近いことからデモも落ち着くのではと一部で期待と望みがありましたが、残念ながら市民団体によるデモ抗議は増え、さらに一部では暴動化しております。アレキパ、クスコ、ナスカ、プーノなどの数ヵ所では道路が封鎖されたほか、一部空港に危害も加えられました。
これを受け、ペルー政府は暴動の鎮静化を目的として「非常事態宣言」発出しております。
今後、警察に加えて軍も安全確保のために出動することになります。

今回の「非常事態宣言」の発出に伴い、各地でのデモ抗議は鎮静化する見込みである一方、市民団体は国会閉鎖、再選挙などを強く求めているため、今週中の国会の判断によってはデモ抗議が続く可能性があります。

「非常事態宣言」発出前の現地時間12月14日 18:00現在の影響について以下にお知らせいたします。今後も状況が変わる可能性がありますので、新たな情報が入り次第お知らせいたします。

■ 現地の状況 (2022年12月14日 18:00現在)
◎ 空港
リマ国際空港は通常通りですが、安全のため空港へのアクセスが規制されており、近辺へのアクセスも航空券を持つ搭乗者のみに限定・規制されております。見送りや出迎えも規制されております。

なお、現地時間12月14日(水)は
クスコ空港(CUZ)、プーノのフリアカ空港(JUL)、アレキパ空港(AQP)
は閉鎖となっています。これに伴い、同空港発着便はキャンセルとなりました。
現地12月15日(木)も、空港の閉鎖が続くのではと懸念されております。

※リマ空港
 https://www.lima-airport.com/en/
※ラタム航空
 https://www.latamairlines.com/pe/es/prensa/comunicados/cancelamos-nuestra-operacion-desde-y-hacia-arequipa

◎ 道路
ペルー全土で、デモ行進による道路封鎖が相次いでおります。
道路管理事務所「PROVIAS」によると。道路封鎖により52ヵ所で支障が出ております。

※道路管理事務所「PROVIAS」
 http://wsgcv.proviasnac.gob.pe/emergenciavial

首都・リマでは道路封鎖はほとんど行われておりませんが、世界遺産・ナスカ地上絵へのアクセス地でもあるイカ州、マチュピチュ行きの列車が発着するオリャンタイタンボ駅周辺、ウルバンバなどでも道路封鎖が行われております。
この影響により、日本、米国、メキシコ、などの観光客を乗せたバスが立ち往生していると報じられております。

◎ 列車
現地時間12月13日(火)・14日(水)には、クスコ~オリャンタイタンボ~マチュピチュ間の列車を運行するペルーレイル社、インカレイル社の両社が運行を中止しております。
また12月15日(木)の運行中止も決定しております。
なお、12月16日(金)以降の運行状況は発表されておりません。

※ペルーレイル
 https://www.perurail.com/news/suspension-of-our-operations-as-of-december-15-2022/
※インカレイル
 https://incarail.com/en/

列車運休の影響によりマチュピチュ村からクスコへ戻れないスペイン、米国、メキシコなどからの観光客約700人がマチュピチュ村への滞在を余儀なくされております。

◎ 観光施設
マチュピチュ遺跡を含む各遺跡・観光施設は、現地時間12月14日(水)は閉鎖となりました。
12月15日(木)以降の再開については、現時点では未発表です。

※詳細
 https://www.culturacusco.gob.pe/noticia/imagen/comunicado-cierre-de-la-red-de-caminos-inka-y-pan-machupicchu/

---
その他、道路封鎖により食糧や燃料の運送に一部影響が出ており、市内の公共交通期間、レストラン、商店などへの影響もあると報じられております。
「非常事態宣言」は30日間となっておりますが、短縮・延長する可能性もあります。
新たな情報が入り次第、ご案内いたしますが、現在ペルーにご滞在中の方、またこれからペルーへのご旅行をご予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。

情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会