「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

ペルー マチュピチュ、「マチュピチュ遺跡」11月01日より再開‐続報

  • 2020年11月2日

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、本年2020年3月より観光客の受け入れを中止しておりました「マチュピチュ遺跡」が、2020年11月01日より観光を再開することになりました。

これに伴い、当日11月01日には、式典が以下の通り行われました。

18:00 黙とう

18:10 ペルー人気アーティストによる記念ミニコンサート

18:15 マチュピチュ市長、クスコ州知事による挨拶

18:25 伝統パチャママ母なる大地に感謝儀式

18:30 観光大臣、文化大臣による挨拶

18:50 ビデオマッピング上映

19:10 終了

** 式典動画:https://youtu.be/jbKxyASAtTw

■ チケット販売について

入場チケットは06:00~14:00の時間帯から、入場時間を指定して購入する必要があります。

今回、遺跡のオープンに伴い11月01日~15日の入場チケットのみ発売されましたが、発売と同時に売り切れとなりました。

今後、順次11月16日以降の入場チケットが発売される予定です。

なお、入場チケットとは別に、マチュピチュ村から遺跡に移動するシャトルバスのチケットを、遺跡の入場時間に合わせて購入する必要があります。

■ 列車について

定員の50%乗車を上限に、運行を再開しております。

なお乗車にあたり、マスク・フェイスシードの着用が義務付けられているほか、ソーシャルディスタンスの確保(1m)、検温チェック、健康問診票提出が必須となっております。

その他、着席後の車内移動はできません。また飲食の車内サービスはありません。

■ 遺跡見学時のルール等

観光の再開にあたり、新たにニューノーマルに合わせたルールが定められております。

* 1時間 75名、1日 675名、1グループあたり7名+ガイド1名=8名まで

* グループ内では2m、グループ間は20mのソーシャルディスタンスの確保

* 遺跡入口で検温を行います。体温が38℃以上の人は、入場不可となります。

* 入場前に、指定の「健康宣言書」を提出する必要があります。

* 06:00オープン~17:00クローズ、最終入場時刻 15:00

 シャトルバスは入場時間の30分前に乗車

* 密を下げ、ソーシャルディスタンスを保てるように観光コースは4つに分けられる。

1) High & Short:

 見晴らし小屋、正門、石切り場、太陽の神殿ミラドール、神殿広場、など

2) High & Long:

 見晴らし小屋、正門、石切り場、太陽の神殿ミラドール、神殿広場、ピラミッド、

 コンドルの神殿など

3) Low & Short:

 コルカス、段田畑テラス、インカの家、水の鏡、など

4) Low & Long:

 コルカス、段田畑テラス、インカの家、聖なる岩、コンドルの神殿など

各観光ポイントによって5分、10分、20分とガイディング可能な時間が制限されております。

なお、現時点で、インティワタナ日時計、太陽の神殿、マチュピチュ山、ワイナピチュ山の観光は認められておりません。

以上、ご注意ください。

情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会